フケの原因と対策を徹底解説|フケには2タイプあります

フケが気になる

原因と治す方法はあるの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・フケの原因と解消する方法

このような内容について分かりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

フケの原因

フケの原因

フケとは古くなった頭皮の角質が剥がれ落ちたものです。

頭皮の角質は、誰でも剥がれ落ちるものです。

約4週間ほどのサイクルで頭皮の角質は置き換わっていきます。

通常は、目に見えないサイズになってから剥がれ落ちていきます。

しかし、

目に見えるサイズの角質が剥がれ落ちることでフケとして認識されます。

頭皮環境が乱れることで、地肌の新陳代謝が早まってしまい、フケとして大きなサイズの角質が剥がれ落ちてしまうのです。

このように目に見えるサイズで剥がれ落ちてしまうには原因があります。

大きく分けると2つのタイプになります。

・乾燥タイプ

・ベタベタタイプ

1つ1つ見ていきます。

フケの原因①乾燥タイプ

頭皮の乾燥によってフケが発生しやすくなります。

頭皮を乾燥させないために、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

元々頭皮が乾燥しやすい人が洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまう場合があります。

余計に乾燥させてしまう原因にもなりますので、自分にあったシャンプーを選ぶようにしましょう。

フケの原因②ベタベタタイプ

ベタベタタイプの原因でフケが出る理由は、皮脂の過剰な分泌です。

頭皮には、皮脂を栄養としているマラセチア菌が常に存在しています。

皮脂が過剰に分泌されるとマラセチア菌が活発に活動し、脂漏性のフケが発生してしまいます。

頭皮の余分な皮脂を取り除いて、清潔な頭皮環境にすることが大切です。

1日に何度もシャンプーしてはいけません。

頭皮の洗いすぎると頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまい、

余計に乾燥してしまったり、過剰に皮脂が分泌されてしまう原因になります。

フケを治す方法・対策

フケを治す方法・対策

フケを治す方法・対策としては2つあります。

①シャンプーを見直す

②しっかりゆすぐ

1つ1つ見ていきます。

フケ対策①シャンプーを見直す

フケが出る人は、シャンプーを見直してみましょう。

お湯だけでシャンプーを使わない人は、シャンプーを使うのをおすすめします。
(フケが出ていないなら、そのままでも構いません。)

美容院などの高いシャンプーでなくてもOKです。

むしろ安いシャンプーを使ったら、フケが治った人もいます。

自分に合ったシャンプーを見つけましょう。

フケ対策におすすめのシャンプー

フケ対策におすすめのシャンプーは、メディクイックHです。

フケに悩んでいる人に一回試してもらいたいシャンプーです。

Amazonや楽天で安く買うことができます。

フケ対策②しっかりゆすぐ

シャンプーをした後は、十分にすすぐようにしましょう。

シャンプーがゆすぎきれていないと、洗浄成分などが頭皮に残ったままになってしまいます。

痒みや炎症を引き起こす可能性もありますので、しっかりゆすぐようにしましょう。

朝シャン派の人は、注意が必要です。

朝の忙しい時間にシャンプーをしていると、すすぎが疎かになりがちです。

しっかりすすぐことを意識しましょう。

フケとAGAは関係はありません

フケが多いからAGA・薄毛になることはありませんので、安心してください。

AGAは、デヒドロテストステロン(DHT)という悪玉ホルモンが原因になります。

フケとAGAについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

AGAは病院やクリニックで治療することもできます。
自分の髪の毛が薄くなってきたら、一度医師に相談してみるのがおすすめです。

おすすめのクリニックは『AGAヘアクリニック』です。

フケの原因と対策:まとめ

本記事のまとめポイント

・フケには「乾燥タイプ」と「ベタベタタイプ」がある

・シャンプーを見直す

・しっかりゆすぐ

・おすすめのシャンプーはメディクイックH

以上です。

自分にあったシャンプーを見つけることで、フケは出にくくなります。