フィナステリドって何?【AGAへの効果・副作用を徹底解説】

フィナステリドとは?

AGAや薄毛に効果はあるの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・フィナステリドとは

・フィナステリドとAGAの関係

このような内容について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

フィナステリドとは

フィナステリドは、AGAの治療薬として、病院やクリニックで使用されています。

2017年度版の日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインでは、フィナステリドを使うことを強く勧めています。

男性ホルモンが作用し、思春期過ぎより遺伝的基盤を持つ男性の頭頂部から前頭部の髪の毛が薄くなってくる状態のことを言います。

男性ホルモン作用により、太く長い髪の毛が細く短い髪の毛に変化し、髪の毛が薄く見える状態になります。

「男性型脱毛症」あるいは「AGA(Androgenetic Alopecia)」とも呼ばれることがあります。

フィナステリドのAGAへの効果

まずは、AGAの仕組みをまず理解する必要があります。

男性ホルモンである「テストステロン」に5α-リダクターゼという酵素が結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)となります。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭にある受容体と結合することで、十分に成長することなく髪の毛が抜けてしまいます。

フィナステリドは、5α-リダクターゼという酵素を阻害することで、DHTの発生を抑制する効果があります。

DHTが発生しにくくなるので、AGAの進行を止めることができます。

フィナステリドがAGAに対して効果が出る期間

3ヶ月で効果が出る場合もありますが、通常は「6ヶ月」服用し続ける必要があります。

効果を持続させるためにも、継続して服用するようにしてください。

フィナステリドの効能・効果、用法・用量、禁忌を含む使用上の注意

フィナステリドの副作用

48週間の臨床試験では、被験者の5%に副作用が認められています。

フィナステリドの国内長期投与データはこちら

副作用の症状はこちらです。

過敏症瘙痒症、蕁麻疹、 発疹、血管浮腫 (口唇、舌、咽 喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下 (精子濃度減少、 無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)、リビドー減退、 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝臓肝機能障害、AST(GOT)上 昇、ALT(GPT) 上昇、γ-GTP上 昇
その他乳房圧痛、乳房 肥大、抑うつ症状、めまい

フィナステリドを購入するには

現在、フィナステリドは薬局やドラッグストアで購入することはできません。

病院やクリニックに行き、医師から処方してもらう必要があります。

個人輸入を紹介しているサイトもありますが、偽物が出回っていたりしています。

しっかり病院やクリニックで処方してもらうようにしましょう。

おすすめのクリニックは、『AGAヘアクリニック』です。