AGAの見分け方|円形脱毛症との違いは?

AGAの見分け方ってあるの?

円形脱毛症との違いは?

こんな疑問にお答えします。

本記事では、『AGAの見分け方』について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

AGAの見分け方

AGAの見分け方

AGAの見分け方はこちらです。

・抜け毛で見分ける

・ハゲてくる場所の特徴で見分ける

・遺伝で見分ける

1つ1つ見ていきたいと思います。

AGAを抜け毛で見分ける

AGAの抜け毛の特徴として「短くて細い髪の毛が抜けている」ということがあります。

どんな人でも髪の毛は抜けて、生えてを繰り返しすヘアサイクルというものがあります。

正常なヘアサイクル

正常な抜け毛なら太く長い髪の毛です。

それは、正常なヘアサイクルでは、髪の毛は2〜6年の成長期があってから抜けていくので、太く長い髪の毛が抜けていくことになります。

AGAのヘアサイクル

しかし、

AGAになるとヘアサイクルは乱れてしまい、髪の毛が数ヶ月から1年ぐらいの成長期しかなく、細くて短い髪の毛が抜けていってしまいます。

AGAは髪の毛が十分に成長することなく抜けていくので、頭皮が薄く見えるようになってきます。

AGAのハゲてくる場所の特徴で見分ける

AGAの特徴として、髪の毛が薄くなってくる場所あります。

これらの特徴として、いきなりハゲるのではなく、だんだんと薄くなってきます。

つむじが薄くなってきている

AGAのつむじ

頭頂部のつむじだけが薄くなってくるのがAGAの特徴です。

他の部分は薄くなっていないことが多いので、分かりやすく見分けがつきます。

額の生え際がM字に薄くなってきている

AGAの額

もう一つの特徴として、額の生え際がM字に薄くなってきます。

お風呂上がりなど、髪の毛をあげてみて、M字に額が薄くなってきていたら、AGAの可能性があります。

つむじ、額の生え際の両方が薄くなってくる

AGAのつむじと額のハゲ方

先ほどあげた特徴の両方が当てはまる人も、AGAの特徴になります。

AGAは進行性の脱毛症です。
症状が進んでくる前に、自分の髪の毛の状態を把握するようにしましょう。

AGAを遺伝で見分ける

AGAになる人とならない人の違いは、「遺伝」が要因に挙げられます。

まずAGAの仕組みを理解していないといけません。

男性ホルモンである「テストステロン」に5α-リダクターゼという酵素が作用し、ジヒドロテストステロン(DHT)となります。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭にある受容体と結合することで、十分に成長することなく髪の毛が抜けてしまいます。

ここで大事なのが、

「5α-リダクターゼという酵素の活性の強さ」と、「DHTと結合する受容体との感受性」は遺伝によって引き継がれるということです。

『活性が強い5α-リダクターゼ』と、『DHTと結合する感受性が強い受容体』

この2つを遺伝してしまえば、AGAになる可能性が高いということです。

親族にAGAの人がいれば、自分もなる可能性があります。

AGAと円形脱毛症との違い

AGAは進行性で、だんだんと薄毛になってきます。

しかし、円形脱毛症は、前触れもなく突然髪の毛が抜けます。

AGAと違い特定の場所が薄くなるのではなく、一部分が円形に抜けたり、複数の箇所に抜けることがあります。

円形脱毛症の原因

昔は、ストレスが原因と言われることがありましたが、
最近の研究では、「自己免疫機能の低下」が原因とされています。

円形脱毛症では自分の毛根が異物とみなしてしまい、毛根を攻撃してしまことで髪の毛が抜けてしまいます。

円形脱毛症の治療

治療法はいまだに確立していませんが、2017年度版の円形脱毛症診療ガイドラインでは、

「ステロイド局所注射」、「局所免疫療法」、「ステロイド外用療法」の3つの治療を行うように勧めています。

AGAを治療していく

AGAを治療していくには、2つの薬が有効です。

「ミノキシジル」…髪の毛が生える

「フィナステリド」or「デュタステリド」…AGAの進行を抑える

ミノキシジルはリアップなどの発毛剤に含まれているので、手軽に購入することができます。

しかし、

プロペシアやザガーロは、病院やクリニックで処方してもらうのが安全で安心できます。

自分がAGAかなと思ったら、病院やクリニックに診てもらうのがおすすめです。