AGAって何?遺伝との関係を徹底解説

AGAって何?

遺伝するの?

こんな疑問にお答えします。

本記事では、『AGA』について分かりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症とも呼ばれます。

悪玉男性ホルモン(DHT)が作用し、思春期過ぎより遺伝的基盤を持つ男性の頭頂部から前頭部の髪の毛が薄くなってくる状態のことを言います。

悪玉男性ホルモン(DHT)作用により、太く長い髪の毛が細く短い髪の毛に変化し、髪の毛が薄く見える状態になります。

AGAは遺伝する

AGAは遺伝性の病気です。

男性ホルモンである「テストステロン」に5α-リダクターゼという酵素が作用し、ジヒドロテストステロン(DHT)となります。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭にある受容体と結合することで、十分に成長することなく髪の毛が抜けてしまいます。

「5α-リダクターゼという酵素の活性の強さ」と、「DHTと結合する受容体との感受性」は遺伝によって引き継がれます。

『活性が強い5α-リダクターゼ』と、『DHTと結合する感受性が強い受容体』
この2つを遺伝してしまえば、AGAになる可能性が高いということです。

親族にAGAの人がいれば、自分もなる可能性があります。

しかし、

AGAは遺伝だからといって諦める必要はありません。

現在、AGAは治療すれば、進行を止めることができます。

AGAは進行します

AGAは進行性の症状です。

治療をせずに放置していると、髪の毛は薄くなり続けます。

AGAは大きく分けると3つのパターンで薄くなってきます。

AGAのハゲるパターン

頭頂部から薄くなってくるパターン
額がM字に薄くなってくるパターン
頭頂部と額の両方が薄くなってくるパターン

自分がAGAなのかどうか見分ける方法はこちらの記事をご覧ください。

AGAは治療することができます

AGAは歴とした病気です。
治療するば改善することができます。

AGAの治療に効果的なのは、2017年の男性脱毛症診療ガイドラインによると

行うように強く勧めるA評価は「ミノキシジル」と「フィナステリド」と「デュタステリド」です。

「ミノキシジル」…髪の毛が生える

「フィナステリド」or「デュタステリド」…AGAの進行を抑える

この2つの薬を用いることで、AGAは治療しています。

AGAの治療にかかる期間など詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

ミノキシジルはリアップX5などの発毛剤に配合されていますが、フィナステリドは薬局やドラッグストアで購入することはできません。

病院やクリニックで医師から処方してもらう必要があります。

おすすめのクリニックは「AGAヘアクリニック」です。

薬の価格もHPから確認することができます。

無駄な成分を配合して、高額な請求もすることはありません。

この2つの成分を信じましょう。

これらの薬に即効性はありません。

コツコツと継続して使うことで、効果を確認することができます。