デュタステリドって何?【AGAへの効果・副作用を徹底解説】

デュタステリドとは?

AGAや薄毛に効果はあるの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・デュタステリドとは

・デュタステリドとAGAの関係

このような内容について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

デュタステリドとは

デュタステリドはAGAの治療薬として、病院やクリニックで使用されています。

2017年度版の日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインでは、デュタステリドを使うことを強く勧めています。

悪玉男性ホルモンが作用し、思春期過ぎより遺伝的基盤を持つ男性の頭頂部から前頭部の髪の毛が薄くなってくる状態のことを言います。

悪玉男性ホルモンの作用により、太く長い髪の毛が細く短い髪の毛に変化し、だんだんと髪の毛が薄く見える状態になります。

「男性型脱毛症」あるいは「壮年性脱毛症」とも呼ばれることがあります。

デュタステリドのAGAへの効果

AGAは、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉男性ホルモンが主な原因です。

男性ホルモンである「テストステロン」に5α-リダクターゼという酵素が結合し、悪玉ホルマンであるジヒドロテストステロン(DHT)となります。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭にある受容体と結合することで、十分に成長することなく髪の毛が抜けてしまいます。

デュタステリドは、5α-リダクターゼという酵素のII型と1型を阻害することで、DHTの発生を抑制する効果があります。

DHTが発生しにくくなるので、AGAの進行を止めることができます。

デュタステリドとフィナステリドの違い

デュタステリドもフィナステリドも、5α-リダクターゼという酵素を阻害することで、AGAの進行を抑制してくれます。

しかし厳密には、作用する酵素の型が違ってきます。

5α-リダクターゼという酵素には、I型とII型が存在しています。

フィナステリドはII型のみを阻害してくれます。

一方、デュタステリドはII型と1型の両方を阻害してくれます。

このような違いがあることから、フィナステリドが効かない患者にも、デュタステリドなら効果が期待できます。

フィナステリドについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

デュタステリドがAGAに対して効果が出る期間

投与開始後12週間で改善が認められる場合もあるが、
治療効果を評価するためには、通常「6ヵ月間」の治療が必要です。

効果を持続させるためにも、継続して服用するようにしてください。

6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の改善がみられない場合には、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

フィナステリドの副作用

国内長期投与試験において、被験者の16.7%に副作用が報告されています。

デュタステリドの国内長期投与データはこちら

副作用の症状はこちらです。

過敏症瘙痒症、蕁麻疹、 発疹、局所性浮腫、血管浮腫 、アレルギー反応
生殖器精巣痛、精巣膨張、性機能不全(リビドー減退、 勃起機能不全、射精障害)
皮膚脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症
肝臓肝機能障害、黄疸、AST(GOT)上 昇、ALT(GPT) 上昇、γ-GTP上 昇
消化器腹部不快感、腹痛、下痢
その他乳房障害(女性化乳房、乳房痛、乳頭痛、乳房不快感)、倦怠感、抑うつ症状、頭痛、浮動性めまい、味覚障害、血中クレアチンホスホキナーゼ増加

デュタステリドを購入するには

現在、デュタステリドは薬局やドラッグストアで購入することはできません。

病院やクリニックに行き、医師から処方してもらう必要があります。

個人輸入を紹介しているサイトもありますが、偽物が出回っていたりしています。

個人輸入の場合は完全に個人の責任になります。

おすすめは、病院やクリニックで処方してもらうことです。

ジェネリックが開発されているので、以前よりも安く処方してもらうことができます。

おすすめのクリニックは、『AGAヘアクリニック』です。