AGAの原因と治療について徹底解説

薄毛が気になってきた、、、

AGAの原因と治療を教えて欲しい。

こんな要望にお答えします。

本記事の内容

・AGAの原因と治療

このような内容について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

AGAの原因

AGAの引き起こす原因は、『DHT(ジヒドロテストステロン)』という悪玉ホルモンです。

男性ホルモンである「テストステロン」に「5α-リダクターゼ」という酵素が結合し、『DHT(ジヒドロテストステロン)』となります。

この『ジヒドロテストステロン』が毛乳頭にある受容体と結合することで、十分に成長することなく髪の毛が抜けてしまいます。

AGAになるとヘアサイクルが変化します。

普通のヘアサイクル

通常のヘアサイクルでは、2〜6年の成長期があり、太く長い髪の毛に成長してから抜けていきます。

薄毛のヘアサイクル

しかし、

AGAになると数ヶ月〜1年の成長ししかなく、細く短い髪の毛にしか成長しないまま抜けていってしまいます。

どんどんと細く短い髪の毛が増えてくるので、頭皮は薄く見えるようになってくるのです。

AGAの治療

AGAの治療に効果的なのは、2017診療ガイドラインによると

行うように強く勧めるA評価はミノキシジルとフィナステリドとデュタステリドです。

「ミノキシジル」…髪の毛が生える

「フィナステリド」or「デュタステリド」…AGAの進行を抑える

髪の毛が生えてくる成分は「ミノキシジル」のみです。

他の成分がいくら配合されていても髪の毛が生えてきません。

髪の毛が生えてくる成分は『ミノキシジル』

これだけは、覚えておきましょう。

髪の毛が生えてきても、抜け毛があったら増えていくことはありません。

そこでAGAの進行を止める(抜け毛を少なくしていく)必要があります。

それの治療薬の成分が「フィナステリド」or「デュタステリド」です。

5α-リダクターゼという酵素を阻害し、男性型脱毛症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制します

この2つの治療薬で、AGAは改善すると言われています。

実際のAGA治療の効果

実際に、「ミノキシジル」や「フィナステリド」を使うことで、AGAの治療に効果があったことが報告されています。

治療薬について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

AGA治療による副作用

AGAの治療でも副作用が起こる可能性はあります。

風邪薬にも副作用があるように、どんな薬にも副作用はつきものです。

使う薬によって、AGAの副作用は変わってきます。

ミノキシジルの副作用について知りたい方は、「ミノキシジルの効果・副作用」をご覧ください。

フィナステリドの副作用について知りたい方は、「フィナステリドの効果・副作用」をご覧ください。

デュタステリドの副作用について知りたい方は、「デュタステリドの効果・副作用」をご覧ください。

AGAの治療にかかるかかる期間

使う薬によって AGAの治療にかかる期間は変わってきます。

薬の効果が6ヶ月以上継続して使うことで現れるので、6ヶ月は最低でも治療する必要があります。

薬を飲むのをやめると、AGAの進行は、再び始まるので髪の毛はまた薄くなっていきます。

AGAの治療は、自分が満足するまで継続する必要があります。

治療するならAGAクリニックがおすすめ

治療するならAGAクリニックがおすすめです。

おすすめのクリニックは「AGA治療のG.グリーンクリニック」です。

AGAヘアクリニックでは、この2つの薬を使って、治療していて安心できます。

変な成分が配合されていて、高額な請求がくることもありません。

しっかり値段の表記もされています。