クリニックでのAGA治療で使われている「薬」について徹底解説

AGAの治療で病院やクリニックで使われている薬ってなんなの?

効果あるの?

お金の無駄にならない?

こんな疑問にお答えします。

本記事では、『AGAの治療で使われている薬』について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

AGAの治療で使われている薬

AGAの治療で使われている薬は主に3つあります。

ミノキシジル

日本で唯一の発毛成分です。

薬の名前としては、「MINOCK」などが有名です。

他の成分では、髪の毛が生えてくることはありません。

詳しい効果や副作用については、こちらの記事をご覧ください。

フィナステリド・デュタステリド

フィナステリドやデュタステリドは、5α-リダクターゼという酵素を阻害することで、男性型脱毛症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制します。

薬の名前としては、「プロペシア」、「FINA」、「ザガーロ」、「DUTA」などが有名です。

ミノキシジルとは違い髪の毛が生えてくる薬ではありません。

フィナステリド・デュタステリドは髪の毛が抜けるのを防ぐための薬です。

詳しい効果や副作用については、こちらの記事をご覧ください。

せっかく髪の毛が生えてきても、髪の毛が抜けていくのでは効果はあまり実感できません。

AGAの治療では、この「ミノキシジル」と「フィナステリド・デュタステリド」の2つを併用することでAGAの進行を抑えてくれます。

ミノキシジルは、リアップなどの製品にも配合されていて、アマゾンや薬局で購入することができます。

しかし、フィナステリドとデュタステリドは、医者の処方が必要になります。

個人輸入でも、フィナステリドやデュタステリドを手に入れることができますが、偽物が混じっていることもあるみたいです。

個人輸入は完全に自己責任になるので、病院やクリニックでの治療をおすすめします。

AGAの治療で使われている薬の値段・費用

AGAの治療で使われる薬の値段は、クリニックや病院によって変わってきます。

大体の平均ですが、

ミノキシジル配合の内服薬:8000円〜10000万円

フィナステリド配合の内服薬:5000円〜6000円

デュタステリド配合の内服薬:7000円〜8000円

AGAの治療は、まだ保険が適応されていません。

月にかかる治療の費用として15000円〜20000円が相場になってきます。

あまりにも高額な金額を請求されることのないように、しっかり値段が明記されているクリニックを選ぶようにしましょう。

AGAの治療で効果を実感できる期間

AGAの治療で効果を実感できる期間は、使用する薬によって変わってきます。

・ミノキシジル5%を頭皮に塗布した場合では「4ヵ月以上」の使用で効果がみられました

・フィナステリド配合の内服薬では、「6ヶ月以上」服用し続けることで効果が見られます。

詳しいデータは以下をご覧ください。

ミノキシジル5%製剤の長期投与試験結果データ

フィナステリドの効能・効果、用法・用量、禁忌を含む使用上の注意

ミノキシジルやフィナステリドは、毎日コツコツ継続して使用する必要があります。

効果を持続させるためにも、継続して使用するようにしてください。

AGAの治療では、薬を服用したり、直接頭皮に塗布することがメインになります。

しかし、薬の効果を最大限に発揮させるためには、頭皮の環境を整えることも大切です。

髪の毛に悪い習慣をしている方は、毎日の生活を見直してみましょう。