髪の毛に悪い8つの習慣【改善策あり】

髪の毛に悪い習慣について教えて!

どんな改善策があるの?

こんな疑問にお答えします。

本記事では、『髪の毛に悪い習慣』と『改善策』について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

髪の毛に悪い8つの習慣

髪の毛に悪い8つの習慣

発毛剤を使うだけでは、なかなか効果が現れない人がいるかもしれません。

効果を最大限に発揮させるためには、生活習慣も見直す必要があります。

以下のような習慣があると、育毛に良くありません。

①バランスの悪い食事

②シャンプーをしないで寝る

③シャンプーがすすぎきれていない

④ドライヤーを使わない

⑤常に帽子をかぶっている

⑥血行が悪くなること

⑦睡眠不足

⑧爪を立てて頭皮を掻く

①バランスの悪い食事

バランスの悪い食事

カップ麺や、ハンバーガーなどのジャンクフード、コンビニ弁当など、体に悪いものばかり食べるのは、髪の毛に良くありません。

このようなバランスの悪い食事だと頭皮に皮脂が多くなってしまうことがあります。

皮脂が多いと発毛剤の成分が浸透しにくくなってしまいます。

◎食生活の改善をしましょう

毎日の食事を見直して、バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。

バランスの良い食事を摂るために「PFCバランス」を意識した食事を摂るようにしましょう。

脂っこい食事ではなく、しっかりタンパク質を摂ることを意識しましょう。

タンパク質は髪の毛だけでなく、筋肉やカラダを作る大切な栄養素です。

食事から摂取する「タンパク質(Prottein)」・「脂質(Fat)」・「炭水化物(Carbohydrate)」のバランスのことです。

PFCバランスのついて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

②シャンプーをしないで寝る

シャンプーをしないで寝る

夜にシャンプーをしないと、1日の汚れや皮脂を頭皮につけたままで寝ることになるので、髪の毛にとって良くありません。

◎夜にシャンプーをしてから寝るようにしましょう

面倒くさいかもしれませんが、
1日の汚れや皮脂をキレイにしてから寝るようにしましょう。

育毛剤や発毛剤を使用する場合は、夜寝る前にシャンプーをして頭皮環境を整えることで、より効果を実感しやすくなります。

朝晩2回のシャンプーは、頭皮の皮脂をとりすぎてしまうので、なるべく控えるようにしましょう。

③シャンプーがすすぎきれていない

シャンプーがすすぎきれていない

シャンプーやトリートメントを行った後のすすぎが足りないと、洗浄成分などが頭皮に付着した状態になってしまいます。

そのまま放置すると頭皮の異常を引き起こしてしまうので髪の毛にとって良くありません。

◎シャンプーをした後は、すすぎをしっかり

シャンプーやトリートメントを行った後は、しっかりとすすぎをしっかり行いましょう。

朝シャン派の人も多いかもしれませんが、急いでいる朝のシャンプーはすすぎが疎かになりがちです。
夜にシャンプーを行い、しっかりすすぎを行いましょう。

寝癖がひどい人も、シャンプーは使わずにお湯を使って寝癖を直すようにしましょう。

④ドライヤーを使わない

ドライヤーを使わない

シャンプー後にドライヤーを使わないのは、髪の毛にとって良くありません。

髪が濡れた状態は乾いた状態よりもダメージを受けやすくなっています。

さらに濡れた状態でいると雑菌が湧きやすく頭皮の環境が悪化しやすくなります。

◎ドライヤーでしっかり乾かしましょう

男性はタオルドライのみの方が多いと思います。

しかし、男性もドライヤーを使うようにしましょう。

シャンプーをした後は、髪をしっかり乾かして、就寝するようにしましょう。

⑤常に帽子をかぶっている

常に帽子をかぶっている

常に帽子がかぶっていると、頭皮が蒸れてしまい髪の毛にとって良くありません。

帽子を被りっぱなしになることがないように、こまめに帽子をとって換気することが大切です。

◎夏の強い日差しの場合は、帽子を着用しましょう

夏の強い日差しが射している場合は、頭皮が日焼けしやすいです。
頭皮が日焼けすると乾燥や炎症を起こしやすくなってしまいます。

頭皮や髪を守るためにも帽子を着用するようにしましょう。(*帽子の被りっぱなしはしないようにしましょう。)

汗をかいた場合には、タオルやハンカチで拭うことで、頭皮の環境を整えることができます。

⑥血行が悪くなること

血行が悪くなること

髪の毛に栄養を送っている毛細血管は、血行が悪くなると栄養が行き渡りづらくなってしまいます。

タバコを吸うと血行不良を招きやすくなる

タバコを吸うことは、血行不良を招きやすくなります。

冷房に当たりすぎると血行不良を招きやすくなる

強すぎる冷房に当たりすぎると血行不良を招きやすくなります。

体が冷えて血行が悪くなるだけでなく、冷房の乾いた空気が当たることで、頭皮が乾燥する原因になります。

◎タバコを吸ったり冷房で体を冷やしすぎないように

薄毛が気になる人は、禁煙をしましょう。

また冷房を強くしすぎないようにしましょう。

さらに、首周りのマッサージを行うことで、頭皮の血行促進の効果が期待できます。

⑦睡眠不足

睡眠不足

睡眠中に髪の毛を作っていくのに重要な成長ホルモンが分泌されます。

睡眠不足だと成長ホルモンが分泌されにくくなってしまい、新しい髪の毛の生成や今生えている髪の毛の発育に良くない影響を与えてしまうことがあります。

また、カラダも休まらないためストレスによる血行不良を招く原因にもなります。

なるべく睡眠時間を長くとるようにしましょう。

◎睡眠環境の改善をしましょう

社会人のみなさんは、自由に睡眠時間がとれるわけではありませんが、なるべく睡眠時間をとることが大切です。

夜はお風呂に入り、シャンプーをし頭皮の環境を整えてから寝るようにしましょう。

⑧爪を立てて頭皮を掻く

爪を立てて頭皮を掻く

ついつい無意識に頭をポリポリと掻いてしまいがちです。

爪を立てて掻いてしまうと頭皮を傷つけてしまう場合があるので、髪の毛にとって良くありません。

◎頭皮環境を整えましょう

乾燥や炎症、自分に合わないシャンプーの使用などで、頭皮の環境が荒れていると、痒みが出る場合があります。

しっかりシャンプーをすることで、頭皮環境も整えることができます。

また抗炎症作用のある育毛剤を使うことで、頭皮環境を改善することもできます。

髪の毛に悪い習慣:まとめ

育毛剤や発毛剤に頼るだけでなく、生活習慣も見直すことが大切です。

最後におすすめの育毛剤を紹介しときます。

イクオスEXプラス:業界最多の成分数配合。90日間の返金保証付きです。

実際に使ってみた感想が気になる方はこちらの記事をご覧ください。

健康的な生活を送ることで、頭皮環境もよくなっていきます。

毎日の生活を見直してみましょう。