ヘアサイクルとは|AGAのヘアサイクルとの違いを解説

内容を入力してください。毛髪サイクルって何?

AGAや薄毛の人はどうなっているの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・ヘアサイクルとは

・正常とAGAのヘアサイクルの違い

このような内容について分かりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは

毛髪には一定の寿命があり、成長したら自然に抜けて、また同じ毛穴から新しい毛髪が生えてきます。

このサイクルをヘアサイクルと言います。

上記の画像を見ていただければ分かりますが、

「成長期」→「退行期」→「休止期」という流れで、髪の毛は成長し脱毛していきます。

成長期は通常なら2〜6年ほど続き、長く太い髪が成長していきます。

退行期になると髪の毛の成長は止まります。

そして、休止期になると脱毛していくのと同時に、奥では新しい髪の毛の成長が始まろうとしています。

ヘアサイクルから分かるように、正常でも毎日抜け毛は出てきます。

1日50〜100本は抜けているので、あまり気に過ぎるのも良くありません。

短く細い髪の毛の抜け毛が増えてきたらAGAの可能性があります。

AGAのヘアサイクルを見ていきたいと思います。

AGAのヘアサイクル

AGAのヘアサイクル

AGAになると、正常のヘアサイクルと異なってくるので、短く細い髪の抜け毛が増えてきます。

正常なヘアサイクルでは、成長期は2〜6年続きますが、

AGAでは、成長期が数ヶ月から1年しか続きません。

AGAでは、長く太い髪の毛が少なくなってくるので、頭皮が薄く見えてきます。

AGAへの対策

日本でAGAに対して発毛効果が認められているのは、「ミノキシジル」という成分です。

ミノキシジルについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
>>ミノキシジルって何?【AGAへの効果・副作用を徹底解説】


手軽に購入できるのが、「リアップX5プラス」です。

リアップX5プラスはミノキシジルが5%配合されています。

発毛効果はすぐにあるわけではありません。

コツコツと毎日続けることが大切です。

リアップX5プラスについての体験談など詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ヘアサイクル:まとめ

本記事のまとめ

・正常にヘアサイクルだと長く細い髪が育っていく

・AGAだと成長期が短く、長く細い髪が少なくなっていく

・AGAに対して発毛効果があるのは「ミノキシジル」

以上です。

ヘアサイクルが変化することで、薄毛になってきます。

AGAに対しては、リアップなどのミノキシジル配合の発毛剤をコツコツ使うことで、効果が出てきます。

焦らずに継続して使用していきましょう。