宅配クリーニングでトラブルを回避するために知っておきたいこと【実際のトラブル例も紹介】

宅配クリーニングをしてみたい!

トラブルになる場合があるの?

トラブルを回避する方法はあるの?

こんな疑問にお答えします。

本記事では、『宅配クリーニングで実際にあったトラブル』という話から『トラブルを回避するために知っておきたいこと』について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

宅配クリーニングで実際にあったトラブル

宅配クリーニングで実際に、このようなトラブルがあります。

・衣服を破損してしまう(服が破ける・縮む、色移りしている)

・衣服を紛失してしまう

・かかる費用が変更になる(注文と実際に送った衣服の数が違う)

・シミ・汚れが落ちていない

・お問い合わせしても連絡なし

1つ1つ見ていきたいと思います。

衣服を破損してしまう

よくあるトラブルとして、衣服を破損してしまうトラブルがあります。

具体的には、「服が破けてしまう」、「服が縮んでしまう」、「服に色移りしている」などがあります。

衣服を紛失してしまう

衣服を紛失してしまうトラブルも実際に起こっています。

自分が預けた服と他の人が預けた服が混ざってしまって、分からなくなってしまうトラブルもあります。

かかる費用が変更になる

かかる費用が変更になることもあります。

クリーニングを注文した服の点数と実際に送った衣服の点数が違うことで起こるトラブルです。

また、服の点数のカウントの仕方を間違えてしまうと、費用も変わってきてしまいます。

多くの会社では、スーツは上下で2点とカウントしたりするのを、知らずに送ってしまうと予定より費用が高くなってしまいます。

会社によって、服の点数のカウントが違う場合があるので注意してください。

シミ・汚れが落ちていない

落としてもらいたいシミや汚れが落ちていないトラブルがあります。

分かりづらい場所にあるシミや汚れは、見落としてしまって、汚れたまま返却される可能性もあります。

シミ抜きが無料のサービスとして提供している会社もあります。

お問い合わせしても連絡なし

お問い合わせしても連絡がないというトラブルもあります。

直接会って話すことができないので、メールや電話での対応が大切です。

少しでも疑問に思ったことは、事前に連絡しましょう。

問い合わせをしても連絡がない会社は、注文するのを控えた方がいいです。

宅配クリーニングでのトラブルを回避するために知っておきたいこと

宅配クリーニングでのトラブルを回避するために知っておきたいことはこちらです。

・送る前に服の写真に撮っておく

・指示カードを有効活用する

・再仕上げが無料のサービスがある

・お問い合わせは事前にしておく

・賠償基準を確認する

上記で挙げたトラブル例を参考に1つ1つ見ていきたいと思います。

送る前に服の写真に撮っておく

以下のようなトラブルを回避するために、送る前に写真に撮っておきましょう。

衣服を紛失してしまう

かかる費用が変更になる

送る前に服の写真を撮っておくことで、実際に送った衣服の点数が正しいかチェックすることができます。

会社側の過失で紛失した場合にも写真として残しておくことで、見つける手がかりにもなります。

また、衣服の点数のカウントの仕方にも注意が必要です。
スーツは上下で2点と数えたり、取り外しができるファーは1点と数えたりします。

細かくは会社によって変わってきます。
クリーニングに出す服は、事前にチェックしておきましょう。

指示カードを有効活用する

以下のようなトラブルを回避するために、指示カードを有効活用しましょう。

シミ・汚れが落ちていない

会社によっては、指示カードというものがあります。

シミや汚れが分かりづらい場所にある場合は、指示カードを使うことで、見落とすことなくクリーニングしてくれます。

リナビス』では、指示カードがあるので、有効活用してください。

再仕上げが無料のサービスがある

以下のようなトラブルを回避するために、再仕上げが無料のサービスを活用しましょう

シミ・汚れが落ちていない

指示カードを使って、シミや汚れの場所を指示しても、シミや汚れが落ちていないというトラブルがあります。

しかし、再仕上げのサービスが無料のところもあります。

リナビス』では、再仕上げも無料でサービスしてくれるので、活用しましょう。

お問い合わせは事前にしておく

以下のようなトラブルを回避するために、お問い合わせは事前にしておきましょう。

お問い合わせしても連絡なし

クリーニングに出してから、お問い合わせしても連絡がないというトラブルが起きる場合があります。

そのような事態にならないように、事前に何か質問しておいて、連絡があるところで注文しておくことで、全ての作業がスムーズに進みます。

クリーニングに出す前にお問い合わせをしても連絡がない場合は、その会社を利用するのは、やめましょう。

万が一、トラブルがあった場合に、適切で迅速な対応をしてもらえない場合があります。

賠償基準を確認する

以下のようなトラブルがあった時のために、賠償基準を確認しておきましょう。

・衣服を破損してしまう(服が破ける、色移りしている)

・衣服を紛失してしまう

このトラブルは、こちら側は回避することができません。
何かあった時のために、事前に賠償基準を確認しておきましょう。

購入した時の値段より、かなり低い金額しか保証してもらえない可能性もあります。

高額な服はクリーニングに出す際は、必ず確認しましょう。

宅配クリーニングでのトラブルを回避する:まとめ

宅配クリーニングでのトラブルを回避するために、事前にやっておくべきことがあります。

事前にお問い合わせをしたり、写真を撮ることであらかじめトラブルを回避することもできます。

トラブルを回避する方法を学んだ後は、実際に宅配クリーニングを選ぶポイントをチェックしましょう。

宅配クリーニングを選ぶポイントについては、こちらの記事をご覧ください。