プロテインを飲むとハゲる?AGA・薄毛との関係を徹底解説

プロテインって飲むと禿げるの?

AGAって関係しているの?

こんな疑問にお答えします。

本記事では、『プロテインを飲むとハゲるのか』という話から『プロテインとAGAの関係』について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

プロテインを飲むとハゲる?

プロテインを飲むとハゲる

結論から言うと、

『プロテインを飲んだからといってハゲることはありません。』

プロテインはタンパク質を効率的に摂取するためのサプリメントです。

タンパク質は脱毛を引き起こすものではありません。

タンパク質は鶏肉や牛乳など食品にも含まれます。

鶏肉を食べたり牛乳を飲むとハゲるかと言ったら違いますよね。

髪の毛のほとんどはタンパク質でできているので、とても重要な栄養素です。
タンパク質を摂取することで、毛包に適切な栄養素を与えて、強く健康的に保ってくれます。

タンパク質が不足していると、髪の毛が薄くなったり抜け毛を引き起こす可能性があることが言われています。

女性でもダイエットで極端な食事制限をして、タンパク質が不足した状態になると、髪の毛が薄くなったり抜け毛が引き起こす可能性があるのです。

厚生労働省による食品摂取基準量ではタンパク質を男性1日60g、女性1日50gの摂取を推奨しています。(中学生以上が対象)

筋トレしている方もダイエットしている方も、タンパク質の摂取は心がけましょう。

プロテインとAGAの関係

先ほども言いましたが、プロテインを飲んでハゲることはありません。

もちろん多くの男性の薄毛の原因とされているAGAとも関係はありません。

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症とも言われます。

AGAになると、正常のヘアサイクルと異なってくるので、短く細い髪の抜け毛が増えてきます。

正常なヘアサイクルでは、成長期は2〜6年続きますが、AGAでは、成長期が数ヶ月から1年しか続きません。

AGAでは、長く太い髪の毛が少なくなってくるので、頭皮が薄く見えてきます。

プロテインとAGAの正常ヘアサイクル
プロテインとAGAの異常ヘアサイクル

AGAの原因

AGAでは、ジヒデロテストステロン(DHT)というホルモンが原因で薄毛になります。

ジヒデロテストステロン(DHT)は、頭皮の新しい有毛細胞の成長を阻害してしまいます。

DHTは「テストステロン」という男性ホルモンは、「5α-リダクターゼ」と呼ばれる酵素によって分解さることで生じます。

「5α-リダクターゼ」と呼ばれる酵素の活性の強さは遺伝によって決まります。

いくらプロテインを飲もうが、AGAには関係がありません。

薄毛は、多くの男性が悩むものです。

薄毛になる遺伝がある人が、たまたまプロテインを飲んでいたことで、このような迷信が広まってしまったのかもしれません。

良くある質問:筋トレするとハゲる?

これも迷信です。

筋トレをしてもハゲることはないです。

筋トレすることで、テストステロンという男性ホルモンは上昇しますが、ジヒデロテストステロン(DHT)が増えるわけではありません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

AGAを治療するには

個人が手軽に購入できる商品で、AGAに効果があるのは「ミノキシジル」という成分が配合された発毛剤です。

日本で発毛が認められているのは「ミノキシジル」のみです。

ミノキシジルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

リアップX5は薬局だけでなくAmazonなどの通販でも購入できるのでおすすめです。

根本的な治療を行うために、AGAクリニックに行くのもおすすめです。