プロテイン摂取のゴールデンタイムのウソ・ホント

プロテインを飲む筋トレ後のゴールデンタイムって
ウソなの?ホントなの?

こんな疑問にお答えします。

本記事は、『プロテインを飲む筋トレ後のゴールデンタイムのウソ・ホント』について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

プロテイン摂取のゴールデンタイムのウソ・ホント

プロテイン摂取のゴールデンタイムのウソ・ホント

よく筋トレ界の常識として、

「筋トレ後の30分までタンパク質の摂取のゴールデンタイム」と言われています。

これは間違いではないですが、最近ではもっと長い期間をゴールデンタイムと呼んでいる場合があります。

2017年の国際スポーツ栄養学会の発表では、

「トレーニング直後から2時間後の高タンパク質の摂取は、筋タンパク質合成を大幅に増加する。」

としています。 

筋トレ後30分という時間にこだわらなくてもいいのです。

30分を目安にしてもいいが、30分過ぎてからのタンパク質の摂取が意味がないわけではないです。

トレーニング直後から2時間後の間であれば筋タンパク質合成は大幅に増加しているので、その間にしっかりタンパク質を摂取すれば問題ありません。

さらに、このような研究もあって、

「筋タンパク質合成はトレーニング後2時間程度で最も高まり、その後は減衰しながらも最低でも24時間は筋タンパク質の合成は高まっている。」
(Tyler A Churchward-Venneら 2012)

運動直後だけ、タンパク質の摂取を考えるのではなく、その後1日の食事も、重要になってきます。

トレーニング後24時間で、しっかりタンパク質が摂取できているか確認しよう。

筋トレ前にもプロテインを摂取すべき?

食事をしてから、時間が経っている場合は、トレーニング前にプロテインを飲むのをおすすめします。

体内の栄養素が不足している状態だと、筋肉が分解されてしまい筋トレの効果が出にくくなってしまいます。

またBCAAは筋トレしていると減少していく傾向があるので、EAAorBCAAをトレーニング中に飲むのをおすすめします。

まとめ:プロテインを飲む筋トレ後のゴールデンタイムのウソ・ホント

本記事のまとめポイント

・トレーニング後1日程度を、タンパク質摂取のゴールデンタイムとして、栄養管理をしていく

・トレーニン後から2時間程度で最も筋タンパク質の合成が高まるので、そこは逃さないようにする。

・食事をしてから、時間が経っている場合は、トレーニング前にもプロテインを飲むようにする

・トレーニング中はBCAA or EAAを摂取するように

以上です。

もっというと毎日の食事を見直すべきでもあります。

プロテインを使って、健康的な生活を送るようにしましょう。