レンタルするならScanSnap iX1500とiX500どっちがオススメ?【価格と性能の違いを解説】

自炊したいんだけど、スキャナーは、どの機種を選べばいいの?

違いや、オススメを教えて欲しい!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・レンタルするならScansnapのiX1500とiX500のどちらがオススメか

・レンタルするならDMM いろいろレンタルでレンタルがおすすめ

このような内容を分かりやすく解説しています。
ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

レンタルするならiX1500とiX500のどちらがオススメか

レンタルでのiX1500とiX500のどちらがオススメ

スキャナーをレンタルするなら、選択肢として「ScanSnap iX1500」と「ScanSnap iX500」が挙げられます。

DMM いろいろレンタル』なら、どちらのスキャナーでもお得にレンタルすることができます。

\\最短2日~から利用できる//

Scansnap iX1500とiX500のどちらでスキャンしてもiPadやPCで読書したり勉強する分には、画質などに違いはあまりありません。

変わってくるのが、「作業効率」と「レンタル料金」の2つです。

この2つの違いによって、iX1500に向いている人とix500に向いている人が変わってきます。

・iX1500に向いている人:作業効率重視な人

・iX500に向いている人:出来るだけ節約したい人

このようにiX1500とiX500では向いている人が違います。

この違いが生じているのは、何なのか詳しく見ていきたいと思います。

iX1500とiX500のスペックの違い

iX1500とiX500のスペックの違い

iX1500とiX500のスペックの違いは以下の表をご覧ください。

iX1500iX500
読み取り速度
A4カラー原稿
毎分30枚毎分25枚
長尺読み取りUSB接続:3000mm
Wi-Fi接続:863mm
863mm
セット枚数50枚50枚
起動時間USB接続:2.9秒
Wi-Fi接続:5.4秒
USB接続:6.1秒
Wi-Fi接続:16.8秒
消費電力動作時:17W以下
スリープ時:
1.5W以下(USB接続時)
1.6W以下(Wi-Fi接続時)
動作時:20W以下
スリープ時:
1.6W以下(USB接続時)
2.5W以下(Wi-Fi接続時)
その他タッチパネル搭載

1つ1つ見ていきたいと思います。

iX1500とiX500の違い:読み取り速度

iX500では、毎分25枚のスキャン速度なのに対し、iX1500では、毎分30枚のスキャン速度です。

この違いは、少ないように思えるかもしれませんが、大量の本を自炊する際には、作業時間が結構変わってきます。

・作業時間を減らしたい方は「iX1500」がオススメ

iX1500とiX500の違い:長尺読み取り

スキャンできる原稿の長さが伸びているのも違いの1つです。

長尺読み取りが、iX500では863mmまでだったものが、iX1500ではUSB接続時には3,000mmまでになりました。

・スキャンしたい原稿が863mmより長い原稿がある場合は「iX1500」がオススメ

iX1500とiX500の違い:起動時間

iX1500とiX500では起動時間に違いがあります。

特にWi-Fi接続時だと、iX500では、16.8秒なのに対し、iX1500は5.4秒です。

待っている時間が短くなったので、ストレスフリーで使うことができます。

・作業時間を減らしたい方は「iX1500」がオススメ

iX1500とiX500の違い:タッチパネルの有無

iX1500では、タッチパネルが搭載されました。

原稿の読み取り設定もタッチパネルだけで完結します。

簡単操作でスムーズに作業をす進めることができます。

・作業を効率的に進めたい方は「iX1500」がオススメ

iX1500とiX500のレンタル料金の違い

iX1500とiX500のレンタル料金の違い

ScanSnap iX1500とiX500をレンタルするなら、『DMM いろいろレンタル』がオススメです。

スキャナーをレンタルするなら、かなり安くレンタルできます。
破損時に修理費の請求もされることがないので安心して使うことができます。

DMMいろいろレンタルでのiX1500とiX500のレンタル料金の違いを見ていきたいと思います。

レンタル期間iX1500iX500
2日(最短)4,000円3,300円
7日7,000円5,780円
14日10,500,円8,660円
送料+1,000円+1,000円

このように、iX1500とiX500では、レンタル料金に差があります。

iX1500とiX500でスキャンした原稿の画質などに違いはほとんどないので、作業効率よりもレンタル料金を安くするなら、「iX500」一択です。

・出来るだけ節約したい方は「iX500」がオススメ

\\最短2日~から利用できる//

【番外編】購入するならどっち?

ScanSnapの「iX1500」と「iX500」のどちらかを購入するなら、
「iX1500」一択です。

Amazonの販売価格から分かるように購入する場合には、値段も「iX1500」が安くなっています。

レンタルする場合は、「作業効率」or「レンタル料金」で選ぶようにしましょう。

レンタルするならiX1500とiX500どっち:まとめ

本記事のまとめポイント

・iX1500に向いている人:作業効率重視な人

・iX500に向いている人:出来るだけ節約したい人

以上です。

自分にあった方を選んで、サクッと電子書籍化してしまいましょう。

\\最短2日~から利用できる//

DMMいろいろレンタルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。