動物性タンパク質と植物性タンパク質の違いって何?【初心者は必見】

プロテインの動物性と植物性の違いってなんなの?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・動物性タンパク質と植物性タンパク質の違い

このような内容について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

動物性タンパク質と植物性タンパク質の違い

動物性タンパク質と植物性タンパク質の違い

動物性タンパク質と植物性タンパク質の違いは、アミノ酸の含有量です。

簡単にまとめると

・多くの動物性タンパク質は全ての必須アミノ酸が含まれている

・多くの植物性タンパク質はいくつかの必須アミノ酸が含まれていない

このような違いがあります。

私たち人間にとってアミノ酸は重要な栄養素です。

アミノ酸は、タンパク質を構成している重要な栄養素です。

体内でタンパク質が消化されるとアミノ酸に分解されます。

タンパク質は筋肉や髪など人体に必要なものを構成しています。

これらを構成するためには、22種類のアミノ酸のバランスが大事になってきます。

全てのアミノ酸はタンパク質から構成されていますが、

動物性タンパク質と植物性タンパク質では、このアミノ酸の含有量に差があるのです。

動物性タンパク質

動物性タンパク質は、肉・魚・卵・牛乳などの動物由来のタンパク質です。

多くの動物性タンパク質には9つ全ての必須アミノ酸が含まれています。

必須アミノ酸は体の中では、作ることができません。

9種類の必須アミノ酸すべてを食事から摂取しないといけません。

この9種類の必須アミノ酸が全てバランス良く含まれているのが、動物性タンパク質です。

多くの動物性タンパク質がアミノ酸スコアが100に近い数字で良質なタンパク質と言えます。

食品に含まれる9種類の必須アミノ酸の含有量を示す指標

アミノ酸スコアが100に近いほどいいとされています

アミノ酸スコアについて、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

植物性タンパク質

植物性タンパク質は、大豆などの穀物などの植物由来のタンパク質です。

多くの植物タンパク質は必須アミノ酸の少なくとも1つがバランス良く含まれていません。

大豆やキノア、ソバなど9つ全ての必須アミノ酸が含まれている植物性タンパク質もあります。

ビーガンやベジタリアンの方は、9つすべての必須アミノ酸を摂取するために、複数のタンパク源からタンパク質を摂取することが重要になります。

ナッツのみなど、同一の食材だけで摂取していると、9種類の全ての必須アミノ酸を摂れないので注意が必要です。

ビーガンやベジタリアンの方は、全ての必須アミノ酸を摂取できているか、食事内容を確認してください。

たくさんの食品からタンパク質の摂取を心がけることが重要です。

ビーガンやベジタリアンの方はこちらの記事もご覧ください。

また、植物由来のタンパク質の特徴として食物繊維が挙げられます。

食物繊維は消化器系のバランスを保つのに役立ちます。

動物性タンパク質と植物性タンパク質の違い:まとめ

本記事のまとめポイント

・多くの動物性タンパク質は全ての必須アミノ酸が含まれている

・多くの植物性タンパク質はいくつかの必須アミノ酸が含まれていない

・ビーガンやベジタリアンの方は、たくさんの食品からタンパク質の摂取を心がけることが重要です。

以上です。

動物性タンパク質と植物性タンパク質の違いをしっかり理解し、

健康的な食生活を送るようにしましょう。