アップルウォッチがランニングしている人におすすめの3つの理由

ランニングにおすすめのアップルウォッチは?

何がいいの?

こんな疑問にお答えします。

本記事では、ランニングにおすすめのアップルウォッチについて解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

アップルウォッチはランニングしている人におすすめの3つの理由

アップルウォッチ(Apple Watch)はランニングしている人におすすめなのには、3つの理由があります。

・スマホや財布を持たなくても良い

・速度・歩数・位置データが分かる

・防水

アップルウォッチがあれば、スマホや財布を持たなくても良い

アップルウォッチをつければ、スマホや財布を持たなくても快適にランニングすることができます。

アップルウォッチだけで通話もできる

対応機種やモデルにもよりますが、アップルウォッチでも通話をすることができます。

通話に対応しているのが、

Apple Watch Series 3以降のセルラーモデルのアップルウォッチです。

セルラーモデルとは

ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアの電波を使ってデータ通信をすることができるモデルです。
自分が使っているiPhoneと同じ電話番号を使って通話することができます。

セルラーモデルはアップルウォッチだけでのデータ通信をすることができます。

iPhoneがなくても、アップルウォッチでメール・メッセージの送受信や、地図アプリを閲覧したりすることができます。

ランニング中に急な仕事の電話がかかってきても安心できます。

財布がわりにもなる

アップルウォッチ にはApple Payが搭載されています。

Apple PayでiDやSuicaなどの電子マネーを使えば料金の支払いもできるようになります。

レジの前で、ICリーダーにアップルウォッチをかざすだけで、料金の支払いは完了します。

ランニング中に飲み物を買ったりすることがあると思いますが、
財布やスマホを持っていく必要がないのは、かなり便利になります。

ランニング中の距離・時間・位置データが分かる

アップルウォッチには、ランニングをする際に有効活用できる、
「ワークアウト」アプリがあります。

「ワークアウト」アプリを使えば、ランニングでどれだけの距離を走ったのか、どのくらいの時間を走っていたのが分かります。

1kmごとにアップルウォッチが手首をたたいてくれて、知らせてくれる設定もすることができます。

さらにアップルウォッチでは、位置データも知ることができます。

今自分がどこにいるのか、地図で位置も知ることができるので計画的にランニングすることができます。

アップルウォッチは水に濡れても平気

アップルウォッチには、耐水性能があります。

アップルウォッチを装着したままランニングをして汗をかいたり、雨の日に装着して濡れても問題はありません。

もちろん、手を洗ったり、シャワーを浴びたりする際に、アップルウォッチを装着していても大丈夫です。

さらに、Series 2 以降のアップルウォッチでは、プールや海で泳ぐことも可能になっています。

アップルウォッチが真水以外に触れた場合は、きれいな水で汚れを除き、糸くずの出ない布で拭き取ってるようにしてください。

アップルウォッチがランニングにおすすめ:まとめ

本記事のまとめポイント

・スマホや財布を持たなくても良い

・距離・時間・位置データが分かる

・アップルウォッチは水に濡れても平気

アップルウォッチにはたくさんの機能がついています。

アップルウォッチを装着して、快適にランニングをしましょう!