運動しているのに体重が増える?|原因を解説します

運動しているのに、体重が増えるのはどうして?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・運動しているのに体重が増える原因を解説

このような内容について解説します。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

運動しているのに体重が増える原因を解説

運動で体重が増える原因

運動しているのに体重が増える原因として以下の2つが考えられます。

・食べ過ぎている可能性あり

・筋肉が増えている可能性あり

1つ1つ見ていきたいと思います。

運動しているのに体重が増える原因:食べ過ぎかも?

運動しているのに体重が増える原因は
『食べ過ぎ』かもしれません。

運動していれば、どれだけ食べてもいい訳ではありません。

消費カロリーと摂取カロリーのバランスで体重が変化していきます。

しっかり食事の管理もした上で、運動をするとダイエットに効果的になります。

ここで注意して欲しいのが、
ただ単にカロリー摂取量を減らせばいいわけではありません。

しっかり栄養面も考えて食事を摂取するようにしてください。

摂取カロリーを抑えて、しっかりタンパク質を摂取することが大事になってきます。

タンパク質を摂取するのに、プロテインを使うと効果的です。

運動しているのに体重が増える原因:筋肉が増えているかも?

運動しているのに体重が増える原因でもう一つ考えられるのが、『筋肉が増えている』かもしれません。

同じ量なら、脂肪よりも筋肉のほうが重いことを知っていますか?

脂肪が減った分だけ筋肉が増えると仮定すると、体重は増えているのです。

上記の画像を見ると違いが分かりやすいです。

約4kg(9lbs)ほど体重が増えているのに、スッキリして見えると思います。

運動やトレーニングをして筋肉が増えることが良いことです。

筋肉が増えると基礎代謝が上がって、痩せやすくなります。

ダイエットをしている方も、筋トレをすることがおすすめです。

プロテインを使うと、筋肉を大きくするのをサポートしてくれます。

ダイエットは継続していれば、結果は少しづつでも出てきます。

筋肉が増えると太く見える?

女性の皆さんは、

「筋肉がついて、太く見えるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、

その心配はしなくて大丈夫です。

上記の画像を見れば分かる通り、スッキリしていることが分かります。

アスリートが必死にトレーニングして、やっと筋肉は大きくなってきます。

女性はホルモンの関係で、筋肉が大きくなりにくいです。

週5でジムに通っていると公言しているモデルも太くは見えないと思います。

引き締まって見えるので、体を鍛えることをおすすめします。

運動しているのに体重が増える原因:まとめ

本記事のまとめポイント

・運動していれば、どれだけ食べてもいい訳ではない

・筋肉がつくのは、ダイエットにも良いこと

・体を鍛えると引き締まって見える

以上です。

体を鍛えて、健康的な生活を送るようにしましょう。