育毛剤と発毛剤の違いって何?どっちを選ぶべきか徹底解説

育毛剤と発毛剤の違いって何?

どっちを選ぶべきなの?

こんな疑問にお答えします。

本記事では、『育毛剤と発毛剤の違い』という話から『育毛剤と発毛剤のどちらを選ぶべきか』について分かりやすく解説しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤では使用する目的が違ってきます。

育毛剤と発毛剤の違いはこちらです。

育毛剤は、髪の毛を育てることで抜け毛を防ぎます。

発毛剤は、髪の毛を生やすことで進行を防ぎます。

1つ1つ詳しく見ていきます。

育毛剤は髪の毛を育てる

育毛剤は髪の毛を育てる

育毛剤は医薬部外品です。

頭皮の環境を整える成分や、髪のもとになるタンパク質を構成しているアミノ酸系の成分が配合されています。

この成分に違いによって、商品が変わってきます。

育毛剤の成分の比較

有名な育毛剤の成分の比較をしました。

主な成分全成分数
イクオスEXプラスアルガス-3124種類
CHAPUPM-03481種類
プランテルEXリデンシル61種類

おすすめの育毛剤

おすすめの育毛剤を紹介します。

業界最多の成分数が配合されています。

90日間の返金保証があるので、安心して使用できます。

初めて育毛剤を使用するなら、イクオスEXプラスが間違いなしです。

\\90日間の返金保証付き//

私がイクオスEXプラスを実際に使用した際の感想はこちらの記事をご覧ください。

発毛剤は髪の毛を生やす

発毛剤は髪の毛を生やす

発毛剤は第一類医薬品です。

発毛剤に配合されている「ミノキシジル」が毛包に直接作用して、発毛や毛髪の成長を促しくれます。

「ミノキシジル」について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
>>ミノキシジルって何?【AGAへの効果・副作用を徹底解説】

発毛剤は、壮年性脱毛症における発毛効果が認められています。

発毛剤は、壮年性脱毛剤における発毛効果が認められています。

ストレスによる円形脱毛症など壮年性脱毛症以外の場合は、発毛剤の使用に適していませんので、注意が必要です。

この発毛効果はすぐには効果が期待できません。

毛髪の成長には、時間がかかることが理解しておきましょう。

毛髪サイクルとは

毛髪には一定の寿命があり、成長したら自然に抜けて、また同じ毛穴から新しい毛髪が生えてきます。このサイクルを毛髪サイクルと言います。

このサイクルがあるので、髪の毛が生えてくるには、最低でも3〜4ヶ月はかかることがあります。

育毛剤や発毛剤を使用する際には、コツコツと継続することを意識しましょう。

毛髪サイクルについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
>>ヘアサイクルとは| AGAのヘアサイクルとの違いを解説

おすすめの発毛剤

おすすめの発毛剤を紹介します。

ミノキシジル5%が配合されています。

日本で初めて発毛の効果が認められたリアップ製品は信頼することができます。

発毛剤で何か買うか迷ったら「リアップX5プラス」を選びましょう。

私が実際に「リアップX5プラス」を使用した体験談はこちらの記事をご覧ください。

育毛剤と発毛剤についてよくある質問

育毛剤と発毛剤についてよくある質問をまとめました。

育毛剤と発毛剤のどちらを選ぶべきか

自分の薄毛の進行の程度によって発毛剤と育毛剤のどちらを選ぶべきか決めましょう。

薄毛が気になってきたら、「発毛剤」がおすすめです。

薄毛にはなってないけど、抜け毛が気になってきたら「育毛剤」がおすすめです。

育毛剤と発毛剤は同時に使っていいの?

育毛剤と発毛剤を同時に使ってはいけません。

同時に使うと、発毛剤の吸収に影響を及ぼす可能性があり、副作用の頻度を上昇させる危険があります。

1つの製品だけを使うようにしてください。

育毛剤と発毛剤の違い:まとめ

本記事のまとめポイント

・育毛剤は、髪の毛を育てる

・発毛剤は、髪の毛を生やす

・自分の薄毛の進行の程度によってどちらか選ぶ

・育毛剤と発毛剤を同時併用はダメ

いくら育毛剤や発毛剤を使っているからと言って、生活習慣が乱れていると効果はあまり期待できません。

食生活や睡眠時間など、毎日の習慣を見直してみることが大切です。