BCAAとは?【効果やメリット・飲むタイミングを解説】

BCAAってよく聞くけどなに?

どんな効果があるの?

こんな疑問にお答えします。

本記事では、BCAAについて分かりやすく解説しています。

ご覧ください。

スポンサーリンク

BCAAとは

BCAAとは

BCAAはBranched Chain Amino Acidの略で、分岐鎖アミノ酸のことです。

必須アミノ酸であるロイシン、イソロイシン、バリンは分岐する構造からBCAAと呼ばれています。

必須アミノ酸とは

・体内で合成されないため、食事から摂取しなければならないアミノ酸のこと

・タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち、9種類が必須アミノ酸

BCAAには筋トレの効果をサポートする成分があるので筋肉を大きくしたい人にはおすすめのサプリメントになります。

アミノ酸について詳しく知りたい方、こちらの記事をご覧ください。

BCAAの効果・メリット

BCAAの効果・メリットはこちらです。

BCAAの効果・メリット

・筋タンパク質の合成の促進

・筋タンパク質の分解の抑制

筋タンパク質の合成の促進

BCAAは筋肉でのタンパク質合成を促進します。

筋タンパク質のスイッチを入れる役割です。

しかし、ここで注意が必要です。

必須アミノ酸は9種類すべてがないとタンパク質の合成をすることができません。

筋肉の合成は、トレーニング後24時間は促進されるとされています。

BCAAだけを摂取するのではなく、他の必須アミノ酸を食事やプロテインから摂取することを忘れずにしてください、

筋タンパク質の分解の抑制

トレーニング時に、糖質・脂肪・タンパク質が不足していると体内の筋タンパク質も分解してエネルギーに変えてしまいます。

この中には、BCAAも含まれていて、BCAAも運動中に筋肉内で代謝されています。

BCAAが不足するのを避けるため、BCAAを摂取することが大事です。

BCAAがあることで、筋タンパク質の分解を抑制してくれます。

BCAAを飲むタイミング

BCAAは筋トレ前・筋トレ中に使用するのがおすすめです。

BCAAは吸収速度が速いため、血中のアミノ酸濃度を早く上げることができます。

よくある疑問:ホエイプロテインと何が違うの?

確かにプロテインにもBCAAは含まれます。

しかし、BCAA単体の方が、吸収されるスピードが速いのが特徴です。

トレーニング中に、BCAAがいち早く欲しい場合など、BCAAを使うのがおすすめです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

BCAA:まとめ

本記事のまとめポイント

・必須アミノ酸であるロイシン・イソロイシン・バリンは分岐する構造からBCAAと呼ばれている

・BCAAは筋タンパク質の合成の促進や分解の抑制をする

・BCAAは筋トレ前・筋トレ中に使用するのがおすすめ

以上です。

BCAAを使って、効果的な筋トレ生活を送るようにしましょう。