ジムが続かない人の3つの特徴【継続して通うための改善策も紹介】

ジムに入会してもお金を無駄にしそう、、

ジム続かない人の特徴ってある?

ジムに継続して通うための方法を教えて欲しい!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・ジムが続かない人の特徴

・ジムに継続して通うための改善策

このような内容を分かりやすく解説しています。
ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ジムが続かない人の3つの特徴

ジムが続かない人の特徴

せっかくジムに入会しても、ジムに継続して通わないと、お金の無駄になってしまいます。

ジムが続かない人の特徴が3つほどあるので、参考にしてください。

・通うジムが遠い人

・すぐ効果が出ると勘違いしている人

・モチベがない

1つ1つ見ていきたいと思います。

通うジムが遠い人

通うジムが遠い人は、通うのに時間がかかってしまい、嫌になってきます。

通うのがストレスになって、だんだんと行かなくなってしまう人が多いです。

ジムの入会費が無料などに釣られて、ジムが自宅から遠いのに勢いで入会してしまうと、継続して通うのが面倒になってしまいます。

すぐ効果が出ると勘違いしている人

すぐ効果でると勘違いしている人は、1ヶ月ほどでジムに通うのを辞めてしまう人が多いです。

多くの人が勘違いしてしまうのが、1ヶ月で大きな効果が出ると思ってしまうことです。

1ヶ月ぐらいジムに行っただけでは、目に見える効果は実感しにくいです。

筋トレもダイエットも、効果を実感するのに、時間がかかることは理解しましょう

モチベがない人

一番多いのが、ダイエット・筋トレに対してのモチベーションが下がってしまい、ジムが続かなくなってしまいます。

この場合は、モチベーションを上げる方法を知らないだけです。

モチベーションを上げる方法は、こちらの記事をご覧ください。

ジムに継続的に通うための改善策

ジムに継続的に通うための改善策

上記のような、ジムが続かない人でも、今から紹介する改善策を実行すれば、継続してジムに通うことができます。

ぜひ実行してもいらいたい改善策は3つあります。

・アクセスの良いジムに通う

・ジムに行く曜日を決めて習慣化する

・お気に入りのシューズやスポーツウェアを購入する

1つ1つ見ていきたいと思います。

アクセスの良いジムに通う

自宅から近いジムを選ぶか、仕事帰りに寄れるジムに入会するようにしましょう。

体験入会もあるので、一度ジムに実際に行ってみて確かめてみましょう。

アクセスの良いジムに通うことで、ストレスなくトレーニングを続けることができます。

ジムに行く曜日を決めて習慣化する

ジムに継続的に通うためにジムに行く曜日を決めて習慣化するのがおすすめです。

この曜日は、ジムに行くと決めてしまうことで、なかなかモチベーションが上がらない時でも、ジムに行くことができます。

しかし、ここで守ってもらいたい決まりがあります。

筋トレした次の日は、筋トレを1日休むようにしましょう。

同じ部位の筋トレは、2日続けてやるのは、効果が出にくいと言われています。

筋肉痛の時も、同じ部位の筋トレをせずにその部位は、しっかり休ませることを心がけましょう。

ダイエットをする目的なら有酸素運動は毎日してもOKです。

最初のうちは、週一で構わないので、無理なく続けられる範囲で、ジムに行く曜日を設定しましょう。

お気に入りのシューズやスポーツウェアを購入する

お気に入りのシューズやスポーツウェアを購入することで、やる気が上がります。

カッコイイorかわいいモノを身につけることで、さらに集中してトレーニングに取り組むこともできます。

また、トレーニングのご褒美として、シューズやスポーツウェアを設定するのもアリです。

どんどんトレーニングをするのが楽しくなってきたら、面倒だと思うことなく、ジムに継続して通えるようになります。

ジムが続かない人の特徴:まとめ

ジムが続かない人でもコツコツと継続

無理ない範囲でジムに通うのがおすすめです。

コツコツと継続することで結果がでできます。

まずは、すぐ達成できる目標を設定することでモチベーションも維持できます。

ジムに通い出したら食事にも目を向けましょう。

3食しっかり食べることで筋トレにもつながってきます。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。